PARKOUR

About Parkour

パルクール(parkour)=移動術とは、自分の身体と移動技術駆使して行うスポーツです。英語圏ではフリーランニング(free running)とも呼ばれることもありますが同じものを指します。パルクールでは跳ぶ、登る、越える、着地などの動作を基本としたオリジナルの移動技術に加え、鉄棒運動や回転運動などの技術もその範疇とされ、動きの種類は多岐にわたっています。 パルクールでは運動能力や移動技術に加え、精神的な要素も重要視され、練習態度やメンタルトレーニングなども無視できないものとされています。 そのため、ストリートスポーツとして出発していながら、形式だけではなく実質的な心·技·体を追求していく姿勢は他のストリートスポーツとは異なる文化を形成しています。

SKILLS

jump/跳び
パルクールの最も基本的な動きです。状況に応じていろいろな跳び方を使い分けるため、多くの跳び技が存在します。着地に備えた空中姿勢など、パルクール独特の技術が存在するのも特徴のひとつです。
climb/登り
障害物を早く登るための技術です。障害物を駆け上って超える際や、壁を登る際の必須技術です。しがみついたり、体を引き上げる筋力を必要とします。クライミング技術を取り入れることも少なくありません。
landing/着地
衝撃を吸収して着地する技術です。高所からの垂直落下や、推進力がある際の着地などに備えるため、様々なバリエーションがあります。動きの中の衝撃から体を守り、次の動きにスムーズに移行するためにしっかりと習得しなければならない技術です。
vault/越え
障害物を素早く越えて行く動きです。実用性の高いものから、パフォーマンス性のあるものまであり、障害物をどう越えるかは当人次第。動きの中で、最もパルクールを象徴する技術とも言えるでしょう。
swing/振り
何かを掴んで体を振る動作です。鉄棒運動に近いもので、技をつなげるときに必要とされることが多い技術です。移動の動きの中でも、かなりテクニカルな動きだと言えるでしょう。
flip/回転
移動の最中で加える回転運動です。移動を華やかに魅せるために、派手な回転運動を織り交ぜます。リスクも高いため、安全な場所で練習されるのが普通です。パルクールの花形の動きです。

危険なものでは?

危険なものと思われがちなパルクールですが、本来は移動の中でいかに体を守るかという技術を追究していくものであり、危険な行為や無謀な挑戦はパルクールの目指すものではありません。映画や動画での派手なアクションをパルクールと誤解されていることが多々ありますが、パルクールは安全な移動を前提としています。